セール&リースバックの相談急増中・・・

2020年12月11日

不動産 売却 専門 買取 仲介 任意売却 相続 空家 ブログ

こんにちは

 

最近、セール&リースバックのご相談が増えてきました。

 

こちらのホームページではセール&リースバックのページがありませんので、当社運営の別サイトに解説ページがありますのでご興味があればご覧下さい。

 

セール&リースバックの解説ページ

 

フランチャイズ系不動産会社がテレビコマーシャルを放送した効果でしょうか、自宅を売却した後も住み続けたいという方が大変増えました。

 

数年前までは、任意売却をメインとしている不動産会社がセール&リースバックをホームページ等で宣伝している事はありましたが、最近では大手建設会社や不動産買取会社が参入してホームページで「売却後も住み続けられる」事を宣伝しています。

 

今のセール&リースバックの状況を一般の方が見たり聞いたりすると、簡単に誰でも「売却後も住み続けられる」と勘違いしてしまいそうな状況です。

 

ここからはセール&リースバックの現実的なお話をします。

 

正直、セール&リースバックを成立させるのは大変難しく可能性が低いスキームです。

 

既存借入が住宅ローンだけで1%前後の低金利で数千万円単位で残債額がある方は基本的にセール&リースバックを利用してもメリットはないと考えた方が良いでしょう。

 

セール&リースバックで不動産を購入したい方は収益性を重視する投資家ですから安く買って高くて安定した家賃収入を求めます。

 

一方、売却する所有者は高く売却して安い家賃を希望しますから売買の条件を纏める事は大変難しい事です。

 

そして、売主と買主との条件調整だけでなく融資する金融機関と既存借入額の抵当権抹消の条件が加わると成約の可能性は極めて低い案件になります。

 

投資家に融資する金融機関は収益性が見込めない案件には消極的になりますし売却対象物件に抵当権を設定している金融機関は抵当権を抹消できる現金を用意してもらわなければなりません。

 

上記以外でも保証人の問題や買戻しの条件等の難題が多く売買契約をするにあたって大変ハードルが高いスキームとなります。

 

「売却後も住み続けたい」という気持ちは理解できますが、売却して心機一転次のステージに進むという選択肢も決して悪い事ではありません。

不動産 売却 専門 相続 任意売却 空家 買取 仲介 埼玉県
不動産 売却 買取 仲介 任意売却 相続不動産 空家 空地

選べる不動産売却「買取」「仲介」

住宅ローン返済に困ったら任意売却

相続不動産のご相談

空家・空地の売却のご相談

不動産売却 専門 相談 マンション 戸建 土地
不動産 売却 専門 ワイズエステート販売株式会社