不動産会社の視点からの一般媒介契約

2021年01月21日

不動産売却・買取・仲介の役立つ豆知識・情報をブログで発信

仲介による不動産売却をする際は仲介会社と媒介契約を締結します。

 

媒介契約は一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類があります。

 

一般的には専任媒介が多く利用されている印象ですが、今回は一般媒介契約についてお話します。

 

一般媒介契約は自由に複数の不動産会社と契約締結する事が可能です。又、他の媒介契約では義務付けられている不動流通機構の登録義務は無く販売活動報告の義務はありません。

 

弊社は、売主様から不動産売却のご依頼を頂いた場合は一般媒介契約は勧めることもしませんし契約締結する事もありません。

 

理由は、複数の不動産会社に依頼されるという事は他社で契約される可能性があるのでビジネスというよりギャンブルに近いので広告宣伝費や時間を掛けることにはリスクがあります。

 

他社で契約されれば「タダ働き」になりますから、広告宣伝費は必要最小限にしますから成約する可能性は低くなります。

 

結果的に、売主様にとって不利益になる事が多くなるので「売主様の最大限の利益確保」のコンセプトから外れてしまいますから一般媒介契約での売却依頼は承ることはありません。

 

例えば、会社に勤めていて一所懸命頑張って仕事すれば、

 

「もしかしたら給料が貰えるかもしれない」

 

という状況で一生懸命仕事ができますか?できませんよね!?

 

何年か前に1つの物件に7~8社の仲介会社が一般媒介契約でレインズに登録をしているの見たことありますけど客付けする不動産会社からしてみれば、どの不動産会社に連絡していいのかも分かりませんから案内も少なくなりそうですね。

 

近年、一般媒介が多少増えているみたいですけど不動産会社の「囲い込み」が原因の一端みたいで、任意売却時に一部の債権者が一般媒介で複数の大手不動産会社に売却活動をさせているようですが、大変苦戦している物件も見受けられます。

 

一般媒介契約での任意売却に関しても、私には考えられませんね。成約できる可能性も低いのに税金滞納の件で役所に行ったり債務整理の相談を受けたりしても正直な話ですが親身になれるかというと・・・。

 

一般媒介契約を依頼する売主様や債権者は、依頼する複数の不動産会社に競争させて早く高く売却させようと思っての事だと聞くことがありませけど、仮に10人の不動産営業に依頼して競争するのは2人位でしょうね。

 

一般媒介の物件を一生懸命に売却する活動よりも専任媒介契約をできる物件を探す活動の方が成約に可能性がありますから積極的に後者の活動を優先するでしょう。

 

最後に、一般媒介契約で不動産会社に売却を依頼される方は売却中でも自ら積極的に不動産会社に販売状況を確認して売却価格の調整を自らできるだけの知識・経験が必須でしょう。

 

 

 

 

不動産売却専門のワイズエステート販売

当社は、不動産売却専門として個人・法人問わずに不動産を所有している方々からのご相談を承っています。

 

不動産売却後にトラブルになってしまった訴訟案件等を法律事務所とコンサルタントとしてサポートしております。

 

不動産売却に際して、諸問題・トラブル等が起きてしまったり事前にトラブルを防ぎたいという方は各専門家のサポート体制を整えておりますのでご相談下さい。

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介の売却プランでサポート

不動産売却専門のワイズエステート販売株式会社は、任意売却・相続不動産・空地空家の売却・選べる不動産売却等で不動産を売却される所有者様に寄り添う売却サポートを心掛けております。又、不動産を売却したいけど諸問題・トラブルがあって困っている方々からのご相談も承ります。法的措置が必要な場合は法律事務所と協力して諸問題を解決して不動産売却をサポートします。

不動産の仲介・買取・相続・任意売却・空地空家の売却相談 埼玉

選べる不動産売却「買取」「仲介」

不動産売却専門のワイズエステート販売は、ご相談頂く所有者様の売却理由・事情に合わせて【「仲介」による不動産売却】と【「買取」による不動産売却】をご提案致します。

住宅ローン返済に困ったら任意売却

住宅ローン・事業資金・金銭トラブル等の返済問題で、金融機関等の債権者から不動産に差押・仮差押がされそう、又は既に差押・仮差押えされたという方からのご相談を任意売却やその他の方法で解決し生活再建・新生活のスタートのサポートをします。

 

失業・離婚・金銭トラブルで悩んでいる方は、今すぐにご相談下さい。

相続不動産のご相談

相続不動産の売却は、不動産の規模・価値問わず相続人が複数人にいれば分配する事は難しく、トラブルになる可能性も極めて高くなります。

 

「相続になりそう」と予想する事は不可能ですので予め相続対策をする事をお勧めします。

空家・空地の売却相談

相続した空家・空地、住み替えで放置している空家の維持・管理が負担になっていませんか?

 

遠方に所有している不動産売却をどうすればよいか分からないという方からのご相談も柔軟に対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介で選べる不動産売却プラン