不動産は魔物?良くも悪くも使い方に注意!

2021年12月16日

不動産売却専門ワイズエステート販売スタッフブログ

埼玉県で住宅ローンの返済でお困りの方はワイズエステート販売にご相談下さい。

 

●早期希望退職・転職で住宅ローンの返済ができない

 

   住宅ローン滞納を放置すると状況が悪化します。融資先の金融機関に相談しなければなりません

 

●住宅ローンの滞納・延滞を放置すると・・・

 

 金融機関は債権回収するために競売を申し立てます。競売よりもメリットのある任意売却をお勧めします

 

●住宅ローン返済と税金納税の優先順位は?

 

 税金を滞納すると不動産を差押えられてしまい解除するにも困難です。

 

●既に、不動産が競売にかけられているけど任意売却はできる?

 

 競売を申し立てられていても任意売却は可能です。しかし、入札直前は難しくなります。

 

今回は「不動産は魔物?良くも悪くも使い方に注意!」のお話です。

 

皆さんは、「不動産を所有している」事について、どのように思っていますか?

 

「相続して良かった!」

 

「所有・購入して、良かった!」

 

という方が多くいると思います。

 

不動産は低金利の住宅ローンを利用して取得する事ができたり

 

事業している方が不動産を担保に融資を受けられるなど

 

不動産を所有していると大きなお金を借入する事ができます。

 

これはとても良い事ですね。

 

ここからは、斜めからの視点になるかもしれませんが、ご了承ください。

 

自身の収入状況や返済能力以上に不動産を担保する事によって多くの融資を受けられることができるのが不動産です。

 

住宅ローンを組む時も事業資金の融資を受ける時も収入・業績が良い時でなければ不動産を取得する事はできません。

 

又、収益不動産(アパート・ビル等)を購入する時は、担保不動産の収益性が良くなければ金融機関は融資しません。

 

融資を受ける事によって事業や生活が改善されたり順調に返済できていれば不動産は資産となります。

 

しかし、融資を受けても返済ができなくなると更に不動産を担保として融資先を探し高金利の借入をしてしまい「負のスパイラル」に陥ってしまう事があります。

 

そして、最終的に返済が不可能になった時に担保として提供している不動産を守ろうと必死になって心身共に疲弊してしまう。

 

「そんな事あるの?」と思う方もいると思いますが、決して珍しい事ではありません。

 

登記簿謄本を見ると貸す方も、どうかしていると思う時があるほど2番・3番抵当権者になっている金融機関もありますが

 

「お金を貸す事」が仕事ですから仕方がありません。

 

不動産に抵当権を設定して融資を受ける時には

 

「返済できなければ不動産を売却すればいいんだ」

 

と思う方もいますが、万が一返済できなくなったら

 

「売却したくない」

 

「手放したくない」

 

多くの人から言われますが、残念ながら担保不動産は返済が不可能になったら売却して返済に充てなければなりません。

 

あまりにも不動産に執着すると疲れますし、良いことよりも悪い事の方が多かったりします。

 

【相続争いで数億円の損?】

 

相続が発生した時に資産に不動産があると相続人間で争いが起こる事は珍しくありません。

 

詳しい内容はお伝えできませんが、法定相続人数人が数十億円の都内の不動産を巡って数年間争ったケースがあります。

 

数十億円の資産なので相続税も当然ながら課税されますが、法定相続人全員が代理人を立て遺産分割調停を行ったので税金は未払いとなり

 

延滞税については数億円になってしまいました。結果的に本来受け取る金額よりも1人当たり数千万円低くなって相続争いが終結しました。

 

私のような一般人だったら数千万円も損するくらいなら、遺産分割調停などしないで円満に相続を終わりにする事を考えますが

 

資産家の親族にとっては相続は争続になってしまう。親族が敵対して口も聞きたくない目も合わせたくない状態になってしまう。

 

正に不動産は魔物ですよね。

 

このように不動産は良くも悪くも使いようで、多くの不動産を所有していても失敗すれば破産は免れません。

 

最近、地方都市の収益不動産を買い漁っていた投資家が数十億の負債を抱えて自己破産をしました。

 

普通に考えれば投資が上手くいかなくなったなら売却すれば良いと考えがちですが、

 

数十億の負債を抱えて資金ショートすれば金融機関が簡単に売却する事は許しません。

 

困ったと頭を抱えているうちに負債は膨らむばかりで、あれほど「不動産は良いものだ」と思っていたのに

 

自分で取得した不動産を処分する事すらできなくなってしまう。

 

今回は少し怖いお話をしましたが、不動産は所有し有効活用できれば物凄い大きな資産になりますが

 

一歩間違えれば大変な事になりますので注意が必要です、

 

 

任意売却・相続不動産・空家空地・買取・仲介のワイズエステート

不動産売却専門のワイズエステート販売株式会社

当社は、不動産売却専門として個人・法人問わずに不動産を所有している方々からのご相談を承っています。

 

住宅ローンの返済が厳しいと感じたら任意売却を検討してください。早い段階でのご相談が早期解決への近道となります。

 

不動産売却に際して、諸問題・トラブル等が起きてしまったり事前にトラブルを防ぎたいという方は各専門家のサポート体制を整えておりますのでご相談下さい。

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介の売却プランでサポート

不動産売却専門のワイズエステート販売株式会社は、任意売却・相続不動産・空地空家の売却・選べる不動産売却等で不動産を売却される所有者様に寄り添う売却サポートを心掛けております。

 

又、不動産を売却したいけど諸問題・トラブルがあって困っている方々からのご相談も承ります。法的措置が必要な場合は法律事務所と協力して諸問題を解決して不動産売却をサポートします。

不動産の仲介・買取・相続・任意売却・空地空家の売却相談 埼玉

選べる不動産売却「買取」「仲介」

不動産売却専門のワイズエステート販売は、ご相談頂く所有者様の売却理由・事情に合わせて【「仲介」による不動産売却】と【「買取」による不動産売却】をご提案致します

住宅ローン返済に困ったら任意売却

住宅ローン・事業資金・金銭トラブル等の返済問題で、金融機関等の債権者から不動産に差押・仮差押がされそう、又は既に差押・仮差押えされたという方からのご相談を任意売却やその他の方法で解決し生活再建・新生活のスタートのサポートをします。

 

失業・離婚・金銭トラブルで悩んでいる方は、今すぐにご相談下さい。

【秘密厳守】離婚による自宅売却

不動産の売却理由で多くあるのが「離婚による自宅売却」です。離婚時には様々な問題を解決していく必要があります。

 

離婚時にトラブルになって自宅を売却したくてもできない、又はトラブルになる前に未然に防ぎたい方は法律事務所とサポート体制を整て自宅売却をお手伝いします。

相続不動産のご相談

相続不動産の売却は、不動産の規模・価値問わず相続人が複数人にいれば分配する事は難しく、トラブルになる可能性も極めて高くなります。

 

「相続になりそう」と予想する事は不可能ですので予め相続対策をする事をお勧めします。

空家・空地の売却相談

相続した空家・空地、住み替えで放置している空家の維持・管理が負担になっていませんか?

 

遠方に所有している不動産売却をどうすればよいか分からないという方からのご相談も柔軟に対応しておりますので、お気軽にご相談下さい

住宅ローン返済相談センター

住宅ローン・事業性ローンの返済にお困りの方は1人で諦めずに今すぐご相談下さい。

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介で選べる不動産売却プラン