任意売却をして住み続けられる?

2021年01月04日

不動産に差押・仮差押された時は競売よりも任意売却で解決

「任意売却 住み続けたい」とネット検索をすると各社ホームページでハウスリースバックやセール&リースバックの内容が確認できます。

 

テレビのコマーシャルやネットでセール&リースバックの情報が流れているためか、誰もが手軽に任意売却を利用して住み続けることができるように感じてしまう状況にあります。

 

それでは、本当に住宅ローンの返済が困難な状態で任意売却で自宅を売却して住み続けることは可能でしょうか?

 

本来であれば不動産売却の引渡し時に住宅ローンの残債全額を返済して抵当権を抹消しなければならないのですが、任意売却は保証会社等の債権者と協議して全額返済をしないで抵当権を抹消して引渡しをします。

 

「全額返済をしない」しないという事は、売却後も残債務の返済義務がありますので返済を継続しなければなりません。

 

仮に、住宅ローンの返済が10万円だとします。任意売却からリースバックを利用した場合の家賃設定が8万円だとして、残債務の返済が月々1万円になれば住居費は合計9万円になります。

 

住宅ローンの返済10万円が不可能な状況で家賃9万円が可能かといえば、そうではないはずです。万が一、残債務を無くすのであれば自己破産をしなければなりません。

 

これからのお話はセール&リースバックの賃貸借契約の内容によりますが、敷金・礼金等が無い場合は設備の修復は自己負担になるケースもありますので通常の賃貸住宅では無い負担・リスクがあります。

 

最後に、賃貸借契約締結にあたって家賃保証契約の必要があります。家賃保証契約ができなければ連帯保証人を用意しなければなりません。どちらも不可能であれば賃貸借契約締結は不可能となりセール&リースバックで住み続けることは叶うことはありません。

 

どうでしょうか、任意売却を利用して住み続けるには条件をクリアしなければなりませんので簡単なことではありません。

 

今後の生活のために無理のない住居費・家賃設定はいくらなのか見極めて下さい。

不動産売却専門のワイズエステート販売

当社は、不動産売却専門として個人・法人問わずに不動産を所有している方々からのご相談を承っています。

 

住宅ローン返済問題・任意売却については長年の経験と知識を生かして売却後のサポートまでお約束します。

 

新型コロナの影響で収入が減って住宅ローンが払えない方からのご相談が増えていますが、弊社は各専門家のサポート体制を整えておりますので安心してご相談下さい。

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介の売却プランでサポート

不動産売却専門のワイズエステート販売株式会社は、任意売却・相続不動産・空地空家の売却・選べる不動産売却等で不動産を売却される所有者様に寄り添う売却サポートを心掛けております。又、不動産を売却したいけど諸問題・トラブルがあって困っている方々からのご相談も承ります。法的措置が必要な場合は法律事務所と協力して諸問題を解決して不動産売却をサポートします。

不動産の仲介・買取・相続・任意売却・空地空家の売却相談 埼玉

選べる不動産売却「買取」「仲介」

不動産売却専門のワイズエステート販売は、ご相談頂く所有者様の売却理由・事情に合わせて【「仲介」による不動産売却】と【「買取」による不動産売却】をご提案致します。

 

住宅ローン返済に困ったら任意売却

住宅ローン・事業資金・金銭トラブル等の返済問題で、金融機関等の債権者から不動産に差押・仮差押がされそう、又は既に差押・仮差押えされたという方からのご相談を任意売却やその他の方法で解決し生活再建・新生活のスタートのサポートをします。

 

失業・離婚・金銭トラブルで悩んでいる方は、今すぐにご相談下さい。

相続不動産のご相談

相続不動産の売却は、不動産の規模・価値問わず相続人が複数人にいれば分配する事は難しく、トラブルになる可能性も極めて高くなります。

 

「相続になりそう」と予想する事は不可能ですので予め相続対策をする事をお勧めします。

空家・空地の売却相談

相続した空家・空地、住み替えで放置している空家の維持・管理が負担になっていませんか?

 

遠方に所有している不動産売却をどうすればよいか分からないという方からのご相談も柔軟に対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介で選べる不動産売却プラン