代位弁済されると賃貸物件が借りられない?

2021年01月31日

不動産に差押・仮差押された時は競売よりも任意売却で解決

失業・離婚・転職等で住宅ローンが払えなくなると競売・任意売却で自宅を処分しなければならない時、次の住まいを借りなけらばならいと思います。

 

このような状況になると

 

「もしかしたら賃貸物件が借りられないかもしれない」

 

と不安になる方もいると思います。

 

又、リースバックを勧めている不動産会社のホームページでは

 

「住宅ローンを滞納すると賃貸物件が借りられないからリースバックを」

 

という情報を流しているケースもあるようです。

 

完全に間違った情報ではありませんが、全く借りられない事はありません。

 

最近では賃貸物件を借りる際は家賃保証会社と家賃保証契約を締結する事が必須の物件が増えています。

 

住宅ローンの審査とは違い家賃保証の審査は個人信用情報を重視するというよりは、家賃を滞納した履歴の有無を重要視する傾向にあります。

 

又、賃貸人の家賃の返済能力が賃貸借契約時にある事が審査の基準になります。

 

賃貸物件で借りられないケースは新規でカードを作成して家賃をカード決済で支払う物件は、カード自体が作れない状況なのでその物件自体は借りることはできません。

 

住宅ローン滞納する不動産会社の特徴は、

 

任意売却自体の知識が乏しく不安を煽って物件を預かる

 

任意売却でに自宅売却はするが賃貸物件のサポートはしない

 

家賃保証の審査と住宅ローン審査の内容を混同している

 

上記のような賃貸借契約以外にも間違った認識や乏しい知識は住宅ローン滞納で苦しんでいる方にとっては生活に悪い影響を与えます。

 

弊社では、任意売却で自宅売却のご相談頂いた方には賃貸物件の契約のサポートも行っています。

 

住宅ローン・事業性ローンの返済で困っている方はご相談下さい。

不動産売却専門のワイズエステート販売

当社は、不動産売却専門として個人・法人問わずに不動産を所有している方々からのご相談を承っています。

 

住宅ローン返済問題・任意売却については長年の経験と知識を生かして売却後のサポートまでお約束します。

 

新型コロナの影響で収入が減って住宅ローンが払えない方からのご相談が増えていますが、弊社は各専門家のサポート体制を整えておりますので安心してご相談下さい。

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介の売却プランでサポート

不動産売却専門のワイズエステート販売株式会社は、任意売却・相続不動産・空地空家の売却・選べる不動産売却等で不動産を売却される所有者様に寄り添う売却サポートを心掛けております。

 

又、不動産を売却したいけど諸問題・トラブルがあって困っている方々からのご相談も承ります。法的措置が必要な場合は法律事務所と協力して諸問題を解決して不動産売却をサポートします。

 

不動産の仲介・買取・相続・任意売却・空地空家の売却相談 埼玉

選べる不動産売却「買取」「仲介」

不動産売却専門のワイズエステート販売は、ご相談頂く所有者様の売却理由・事情に合わせて【「仲介」による不動産売却】と【「買取」による不動産売却】をご提案致します。

住宅ローン・事業資金・金銭トラブル等の返済問題で、金融機関等の債権者から不動産に差押・仮差押がされそう、又は既に差押・仮差押えされたという方からのご相談を任意売却やその他の方法で解決し生活再建・新生活のスタートのサポートをします。

 

失業・離婚・金銭トラブルで悩んでいる方は、今すぐにご相談下さい。

相続不動産のご相談

相続不動産の売却は、不動産の規模・価値問わず相続人が複数人にいれば分配する事は難しく、トラブルになる可能性も極めて高くなります。

 

「相続になりそう」と予想する事は不可能ですので予め相続対策をする事をお勧めします。

空家・空地の売却相談

相続した空家・空地、住み替えで放置している空家の維持・管理が負担になっていませんか?

 

遠方に所有している不動産売却をどうすればよいか分からないという方からのご相談も柔軟に対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

 

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介で選べる不動産売却プラン