不動産の残金決済引渡し時に差押え?

2021年04月18日

不動産に差押・仮差押された時は競売よりも任意売却で解決

こんにちは

 

今回は【不動産の残金決済引渡し時に差押え?】のお話です。

 

任意売却をする不動産については差押えもしくは仮差押えの登記がされているか、又は登記がされそうな状態にあることが殆どです。

 

売却する不動産について既に差押えの登記がされている場合は売却活動前に差押えの登記をした債権者に事前に協議をして引き渡しの前にも抹消する手続きを司法書士を通して行います。

 

任意売却は一般的な不動産売却との違いは売却活動をしている期間内に差押え・仮差押えがどのタイミングでされるか分かりません。

 

事前に協議を行っていた債権者であれば差押えをする前に連絡がありますが、税金を滞納している場合は役所からの差押えや抵当権者以外の債権者からも差押え・仮差押えの事前に連絡が無く行われる時があります。

 

以前、他の不動産会社に売却を依頼して残金決済時に差押えをされていた事が分かり引渡しができなかったという相談を頂いた事がありました。

 

ご相談者は売却を依頼している不動産会社の担当者に住宅ローンを滞納している事は伝えていたそうですが、他に借金があり返済が滞っている事は伝えていなかったそうです。

 

売却活動は通常の不動産売却と同様に行って無事に買い手が付き売買契約締結をして残金決済・引渡しの日を迎えましたが、念のために朝一で司法書士が登記簿謄本を取得しようとしたら登記手続き中で謄本が取得できずに引渡しが中止になったそうです。

 

後日、改めて確認すると残金決済日の数日前に一般債権者が差押えの登記をしていたそうです。

 

ご相談者は日を改めて引渡しを希望しましたが、買主の気持ちが冷めてしまい不動産会社も対応できないと断りを入れられ白紙解約になったそうです。。

 

ご相談者も状況を伝えるべきだったのですが、不動産会社の担当者も住宅ローンを滞納しているという現状を把握しているのであれば売却活動中にも定期的に登記簿謄本を取得する事やご相談者に郵便物を確認するように促す事で残金決済中止は未然に防ぐことができた可能性があります。

 

任意売却は不動産の知識が必要なことは当り前ですが、法律の知識も必要ですし任意売却自体の経験は特に必要です。

 

近年、インターネットで様々な情報を得て任意売却をしようとする不動産会社が増えましたが、上っ面の知識だけで経験もしたことが無い営業マンが任意売却を行う事は不可能です。

 

私自身、任意売却は10年以上のキャリアがありますが未だに勉強が必要で経験が不足していると感じながら1つの案件に対して緊張感を持って取り組んでいます。

 

住宅ローン・事業性ローン・税金等の滞納で自宅(不動産)に差押え・仮差押えの登記がされそう、又は既に差押えの登記がされている方は今すぐにご連絡下さい。悩んでいる時間はありません。

 

 

任意売却で返済に苦しむ日々から解放され新生活スタート

任意売却は、住宅ローン返済により苦しい生活から解放される1つの方法です。ご相談者の状況により様々なケースがありますが、話し合いを繰り返しながら「生活」「家族」「仕事」を立て直すための最適な方法をご提案します。

任意売却・相続不動産・空家空地・買取・仲介のワイズエステート

不動産売却専門のワイズエステート販売株式会社

当社は、不動産売却専門として個人・法人問わずに不動産を所有している方々からのご相談を承っています。

 

住宅ローンの返済が厳しいと感じたら任意売却を検討してください。早い段階でのご相談が早期解決への近道となります。

 

不動産売却に際して、諸問題・トラブル等が起きてしまったり事前にトラブルを防ぎたいという方は各専門家のサポート体制を整えておりますのでご相談下さい。

 

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介の売却プランでサポート

不動産売却専門のワイズエステート販売株式会社は、任意売却・相続不動産・空地空家の売却・選べる不動産売却等で不動産を売却される所有者様に寄り添う売却サポートを心掛けております。

 

又、不動産を売却したいけど諸問題・トラブルがあって困っている方々からのご相談も承ります。法的措置が必要な場合は法律事務所と協力して諸問題を解決して不動産売却をサポートします。

不動産の仲介・買取・相続・任意売却・空地空家の売却相談 埼玉

選べる不動産売却「買取」「仲介」

不動産売却専門のワイズエステート販売は、ご相談頂く所有者様の売却理由・事情に合わせて【「仲介」による不動産売却】と【「買取」による不動産売却】をご提案致します

住宅ローン返済に困ったら任意売却

住宅ローン・事業資金・金銭トラブル等の返済問題で、金融機関等の債権者から不動産に差押・仮差押がされそう、又は既に差押・仮差押えされたという方からのご相談を任意売却やその他の方法で解決し生活再建・新生活のスタートのサポートをします。

 

失業・離婚・金銭トラブルで悩んでいる方は、今すぐにご相談下さい

【秘密厳守】離婚による自宅売却

不動産の売却理由で多くあるのが「離婚による自宅売却」です。離婚時には様々な問題を解決していく必要があります。

 

離婚時にトラブルになって自宅を売却したくてもできない、又はトラブルになる前に未然に防ぎたい方は法律事務所とサポート体制を整て自宅売却をお手伝いします。

相続不動産のご相談

相続不動産の売却は、不動産の規模・価値問わず相続人が複数人にいれば分配する事は難しく、トラブルになる可能性も極めて高くなります。

 

「相続になりそう」と予想する事は不可能ですので予め相続対策をする事をお勧めします。

 

空家・空地の売却のご相談

相続した空家・空地、住み替えで放置している空家の維持・管理が負担になっていませんか?

 

遠方に所有している不動産売却をどうすればよいか分からないという方からのご相談も柔軟に対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

 

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介で選べる不動産売却プラン