住宅ローン滞納時の遅延損害金について

2021年04月20日

不動産に差押・仮差押された時は競売よりも任意売却で解決

今回は【住宅ローンを滞納時の遅延損害金について】のお話です。

 

住宅ローンを滞納すると遅延損害金が発生します。

 

一定回数までの滞納であれば月の返済額に対して遅延損害金が発生します。

 

一般的に遅延損害金の年率は14~14.6%で設定されています。

 

既に、滞納していて不安がある方は登記簿謄本の乙区の抵当権設定の欄を確認してみて下さい。遅延損害金の年利率が記載されているはずです。

 

例えば、毎月100,000円を返済している住宅ローンを10日間滞納してしまうと

 

100,000円×14.6%×10(遅れた日数)÷365=400円が遅延損害金となります。

 

口座に入金するのをうっかりしていた程度なら数百~数千円の遅延損害金ですが、このような遅れが払うことができずに滞納してしまうと大変な事になります。

 

住宅ローンの滞納を3~6か月間滞納をしてしまうと期限の利益喪失となり今までのように分割での返済ではなく残債額の全てを一括で返済しなければなりません。

 

この状況になってしまうと遅延損害金も住宅ローン残債額に対して発生してしまいます。

 

例えば、住宅ローンの残債額が2,500万円×14.6%×10(遅れた日数)÷365=100,000円となります。

 

つまり1日放置するだけで1万円が残債額に加算されて返済をしなければならないことになってしまいます。

 

任意売却は面倒くさい

 

もう競売でいいや

 

なんて事を考えると想像していた以上の金額を債権者から請求されます。

 

期限の利益を喪失してか代位弁済・競売申し立ての手続きから落札まで9ヶ月間だとすると270万円も多く返済しなければならい事になります。ちょっとビックリですよね。

 

 

 

任意売却は時間が大事です

不動産 売却 専門 任意売却 滞納 ワイズエステート販売

住宅ローンを滞納してしまうと人によっては思考がストップしてしまう場合があります。現実逃避して金融機関からの書類を見て見ぬふりしてしまい時間ばかり経過してしまいます。

 

可能な限り高く売却する事は理想ですが時間や物件の状況等を考慮すると適切な価格設定をして素早く売却する事が任意売却では重要になります。

 

失敗例とまではいえませんが

 

査定価格が1,800万円だとして残債額2,000万円の住宅ローンを滞納している状態で売却価格2,000万円で売却活動を開始したとします。(損害金利率14.6% 1日8,000円)

 

上手く売却できなければ完済できますが、6ヵ月売却できなかったとすると1,440,000円の遅延損害金が発生します。競売を申し立てられていると約1,000,000円の競売費用も請求されるので2,500,000円も多く返済する事が確定してしまいます。仮に20,000,000円で売却できたとしても前記の金額を請求されることになってしまいます。

 

残債額・遅延損害金の額によっては1,000,000円高く売却しても結果的にマイナスもしくは良くてもプラスマイナス0という事になります。

 

残債額2,000万円だった場合に全額返済したいと思う事が不動産会社の担当者でも所有者でもよくあることです。しかし、ネット時代に今では不動産相場は誰でも把握する事ができます。相場よりも高く売却する事は困難です。

 

高く売却する事は大事ですが、もっと大事なことは適切な価格でより早く売却する。時には損切りして債務額を早めに確定する事も考慮しながら売却活動を行う。

 

これが任意売却にとって重要な事です。

 

 

 

 

 

 

任意売却で返済に苦しむ日々から解放され新生活スタート

任意売却は、住宅ローン返済により苦しい生活から解放される1つの方法です。ご相談者の状況により様々なケースがありますが、話し合いを繰り返しながら「生活」「家族」「仕事」を立て直すための最適な方法をご提案します。

任意売却・相続不動産・空家空地・買取・仲介のワイズエステート

不動産売却専門のワイズエステート販売株式会社

当社は、不動産売却専門として個人・法人問わずに不動産を所有している方々からのご相談を承っています。

 

住宅ローンの返済が厳しいと感じたら任意売却を検討してください。早い段階でのご相談が早期解決への近道となります。

 

不動産売却に際して、諸問題・トラブル等が起きてしまったり事前にトラブルを防ぎたいという方は各専門家のサポート体制を整えておりますのでご相談下さい。

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介の売却プランでサポート

不動産売却専門のワイズエステート販売株式会社は、任意売却・相続不動産・空地空家の売却・選べる不動産売却等で不動産を売却される所有者様に寄り添う売却サポートを心掛けております。

 

又、不動産を売却したいけど諸問題・トラブルがあって困っている方々からのご相談も承ります。法的措置が必要な場合は法律事務所と協力して諸問題を解決して不動産売却をサポートします。

 

不動産の仲介・買取・相続・任意売却・空地空家の売却相談 埼玉

選べる不動産売却「買取」「仲介」

不動産売却専門のワイズエステート販売は、ご相談頂く所有者様の売却理由・事情に合わせて【「仲介」による不動産売却】と【「買取」による不動産売却】をご提案致します

住宅ローン返済に困ったら任意売却

住宅ローン・事業資金・金銭トラブル等の返済問題で、金融機関等の債権者から不動産に差押・仮差押がされそう、又は既に差押・仮差押えされたという方からのご相談を任意売却やその他の方法で解決し生活再建・新生活のスタートのサポートをします。

 

失業・離婚・金銭トラブルで悩んでいる方は、今すぐにご相談下さい。

【秘密厳守】離婚による自宅売却

不動産の売却理由で多くあるのが「離婚による自宅売却」です。離婚時には様々な問題を解決していく必要があります。

 

離婚時にトラブルになって自宅を売却したくてもできない、又はトラブルになる前に未然に防ぎたい方は法律事務所とサポート体制を整て自宅売却をお手伝いします。

相続不動産のご相談

相続不動産の売却は、不動産の規模・価値問わず相続人が複数人にいれば分配する事は難しく、トラブルになる可能性も極めて高くなります。

 

「相続になりそう」と予想する事は不可能ですので予め相続対策をする事をお勧めします

空家・空地の売却相談

相続した空家・空地、住み替えで放置している空家の維持・管理が負担になっていませんか?

 

遠方に所有している不動産売却をどうすればよいか分からないという方からのご相談も柔軟に対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介で選べる不動産売却プラン