自己破産は自宅を売却してからが良いの?

2021年04月21日

不動産に差押・仮差押された時は競売よりも任意売却で解決

今回は【自己破産は自宅を売却してからが良いの?】のお話です。

 

住宅ローンを払えない状態になると頭によぎるのは「自己破産」です。

 

任意売却のご相談を頂く時の質問で多くあるのが

 

「住宅ローンが払えないと自己破産をしなければならない?」

 

「任意売却・競売になったら自己破産するべきですか?」

 

私は弁護士ではないので明確な回答は控えさせて頂いてアドバイス程度になってしまいますけど

 

自己破産を絶対しなければならない事もないですし任意売却・競売後に自己破産をしない方も多くいます。

 

それでも残債務・収入等の事を考えたら自己破産を考えてしまうのは無理もありません。

 

【自己破産は任意売却後?それとも・・・】

 

それでは住宅ローンのある自宅を所有した状態で自己破産をするのと任意売却・競売で自己破産をする違いは何か?

 

単純に「お金」です。自己破産をする費用が違います。

 

資産である不動産を所有した状態で自己破産をする場合は管財事件となりますので別途費用が掛かります。

 

管財事件だと別途費用?と思いますが、管財事件になると管財人弁護士を裁判所を裁判所が選定します。あなたの代理人弁護士とは違いますので注意してください。

 

その管財人弁護士の費用も負担しなければならないのは自己破産をする本人です。その費用は数十万円です。

 

住宅ローン返済ができないで自暴自棄になることは仕方がないと思いますが、生活を立て直すにあたってお金は必要です。しかし、住宅ローンが払えないから全てが終わりではなく、新しい生活をスタートしなければなりません。

 

そのために少しでも良い条件で物事を進める必要があります。数十万円の追加費用は負担になりませんか?

 

【相談する弁護士によって結果が違う】

 

自己破産について相談する弁護士によって考え方は様々です。

 

任意売却に対して知識が無い弁護士に相談すれば自己破産を優先して競売で不動産を処分するでしょう。

 

しかし、任意売却・競売について認識がある弁護士に相談すれば不動産を任意売却で処分してからの方が負担を減らせる事を認識しているので任意売却のできる不動産会社を紹介して不動産の処分を待ってから自己破産の申し立てをするはずです。

 

日々の生活で弁護士に相談する事はよほどのことが無い限りありません。

 

弁護士からの助言・提案は間違いではありませんが相談者の希望通りかといえば必ずしもそうでない事もあります。

 

【まとめ】

 

住宅ローンの返済ができないから自己破産をしなければならないかと迷ったら一旦任意売却を検討してみて下さい。任意売却を専門としている会社でしたら自己破産・債務整理に強い法律事務所を紹介できるはずです。

 

弊社は、債務状況によっては法律事務所と連携してご相談者のメリットを一番に考えて任意売却・債務整理を進めさせて頂いております。

 

住宅ローンの返済が厳しいと思ったらご相談下さい。

 

 

 

 

任意売却で返済に苦しむ日々から解放され新生活スタート

任意売却は、住宅ローン返済により苦しい生活から解放される1つの方法です。ご相談者の状況により様々なケースがありますが、話し合いを繰り返しながら「生活」「家族」「仕事」を立て直すための最適な方法をご提案します。

任意売却・相続不動産・空家空地・買取・仲介のワイズエステート

不動産売却専門のワイズエステート販売株式会社

当社は、不動産売却専門として個人・法人問わずに不動産を所有している方々からのご相談を承っています。

 

住宅ローンの返済が厳しいと感じたら任意売却を検討してください。早い段階でのご相談が早期解決への近道となります。

 

不動産売却に際して、諸問題・トラブル等が起きてしまったり事前にトラブルを防ぎたいという方は各専門家のサポート体制を整えておりますのでご相談下さい。

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介の売却プランでサポート

不動産売却専門のワイズエステート販売株式会社は、任意売却・相続不動産・空地空家の売却・選べる不動産売却等で不動産を売却される所有者様に寄り添う売却サポートを心掛けております。

 

又、不動産を売却したいけど諸問題・トラブルがあって困っている方々からのご相談も承ります。法的措置が必要な場合は法律事務所と協力して諸問題を解決して不動産売却をサポートします。

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介で選べる不動産売却プラン

選べる不動産売却「買取」「仲介」

不動産売却専門のワイズエステート販売は、ご相談頂く所有者様の売却理由・事情に合わせて【「仲介」による不動産売却】と【「買取」による不動産売却】をご提案致します

住宅ローン返済に困ったら任意売却

住宅ローン・事業資金・金銭トラブル等の返済問題で、金融機関等の債権者から不動産に差押・仮差押がされそう、又は既に差押・仮差押えされたという方からのご相談を任意売却やその他の方法で解決し生活再建・新生活のスタートのサポートをします。

 

失業・離婚・金銭トラブルで悩んでいる方は、今すぐにご相談下さい。

【秘密厳守】離婚による自宅売却

不動産の売却理由で多くあるのが「離婚による自宅売却」です。離婚時には様々な問題を解決していく必要があります。

 

離婚時にトラブルになって自宅を売却したくてもできない、又はトラブルになる前に未然に防ぎたい方は法律事務所とサポート体制を整て自宅売却をお手伝いします。

相続不動産のご相談

相続不動産の売却は、不動産の規模・価値問わず相続人が複数人にいれば分配する事は難しく、トラブルになる可能性も極めて高くなります。

 

「相続になりそう」と予想する事は不可能ですので予め相続対策をする事をお勧めします

空家・空地の売却相談

相続した空家・空地、住み替えで放置している空家の維持・管理が負担になっていませんか?

 

遠方に所有している不動産売却をどうすればよいか分からないという方からのご相談も柔軟に対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介で選べる不動産売却プラン