共有持分が競売に?入札されるの?

2021年05月21日

不動産に差押・仮差押された時は競売よりも任意売却で解決

今回は「共有持分が競売に?入札されるの?」のお話です。

 

不動産を債権者(金融機関等)から差押えられて競売を申し立てられた方からのご相談を多く頂きます。

 

ご相談内容で「自宅(不動産)の共有持分を差押え(仮差押え)られた」という方がいます。

 

ご相談者のなかには

 

「持分だけなら競売で入札される事はないでしょ?」

 

「裁判所(執行官)が持分だけでは入札する事はないかもしれないと言っていた」

 

というお考えの方もいます。

 

確かに不動産の共有持分だけを入札する者は少ないかもしれませんが、不動産の所在地・状況・価値等によっては好んで入札する者もいます。

 

【不動産の共有持分を落札される?どうなる?】

 

不動産の共有持分を落札されると非常に厄介なことになります。

 

例えば、不動産の価値が3,000万円だとします。

 

所有権の全てを取得すれば上記の価値になりますが、共有名義2分の1を取得した場合は単純に1,500万円という事はありません。

 

仮に1,500万円の6割の900万円で落札したとします。

 

この落札者はもう一人の共有名義2分の1の所有者に落札した共有名義2分の1の購入を打診します。もちろん、購入を打診する価格は落札額900万円以上です。

 

これで購入を断られたら共有名義2分の1を売却するよう求めます。もちろん1,500万円以下です。

 

仮に、残りの共有名義2分の1を落札者が1,300万円で取得したとしたら900万円と1,300万円を足して2,200万円で市場価格3,000万円の不動産を取得したことになります。

 

【共有物分割訴訟】

 

上記の共有名義の売買が成立しなかった場合は、落札者が共有物分割訴訟を起こすことが考えられます。

 

共有物分割請求は、裁判所を通して共有状態を解消するために適切な分割方法を裁定してもらう訴訟です。

 

共有物が不動産であれば物理的に分割する事は不可能なので競売で不動産を換金化して売却価格を持分をもとに分配されます。

 

市場価格の3,000万円が競売で2,400万円で落札されたら1,200万円ずつ分配されて新たな落札者の所有不動産になります。

 

旧落札者は900万円で取得しているので300万円の利益が得られることになるため最低限の利益は確保したことになります。

 

 

不動産 売却 専門 仲介 買取 相続 ワイズエステート 販売

不動産の共有持分に差押えをされて競売で落札されるという可能性はあります。

 

持分全部所有の不動産の競売と比較すると他の共有名義人にとっては経済的にも精神的に疲弊する事は確かです。

 

市街地や好立地の不動産の共有名義は高額取引されているケースもありますので、決して競売で落札されないという事はありません。

 

 

任意売却で返済に苦しむ日々から解放され新生活スタート

任意売却は、住宅ローン返済により苦しい生活から解放される1つの方法です。ご相談者の状況により様々なケースがありますが、話し合いを繰り返しながら「生活」「家族」「仕事」を立て直すための最適な方法をご提案します。

不動産 売却 買取 仲介 任意売却 相続 ワイズエステート

不動産売却専門のワイズエステート販売株式会社

当社は、不動産売却専門として個人・法人問わずに不動産を所有している方々からのご相談を承っています。

 

住宅ローンの返済が厳しいと感じたら任意売却を検討してください。早い段階でのご相談が早期解決への近道となります。

 

不動産売却に際して、諸問題・トラブル等が起きてしまったり事前にトラブルを防ぎたいという方は各専門家のサポート体制を整えておりますのでご相談下さい。

不動産 売却 専門 相続 任意売却 空家 買取 仲介 埼玉県

不動産売却専門のワイズエステート販売株式会社は、任意売却・相続不動産・空地空家の売却・選べる不動産売却等で不動産を売却される所有者様に寄り添う売却サポートを心掛けております。

 

又、不動産を売却したいけど諸問題・トラブルがあって困っている方々からのご相談も承ります。法的措置が必要な場合は法律事務所と協力して諸問題を解決して不動産売却をサポートします。

 

不動産 売却 買取 仲介 任意売却 相続不動産 空家 空地

選べる不動産売却「買取」「仲介」

不動産売却専門のワイズエステート販売は、ご相談頂く所有者様の売却理由・事情に合わせて【「仲介」による不動産売却】と【「買取」による不動産売却】をご提案致します

住宅ローン返済に困ったら任意売却

住宅ローン・事業資金・金銭トラブル等の返済問題で、金融機関等の債権者から不動産に差押・仮差押がされそう、又は既に差押・仮差押えされたという方からのご相談を任意売却やその他の方法で解決し生活再建・新生活のスタートのサポートをします。

 

失業・離婚・金銭トラブルで悩んでいる方は、今すぐにご相談下さい。

【秘密厳守】離婚による自宅売却

不動産の売却理由で多くあるのが「離婚による自宅売却」です。離婚時には様々な問題を解決していく必要があります。

 

離婚時にトラブルになって自宅を売却したくてもできない、又はトラブルになる前に未然に防ぎたい方は法律事務所とサポート体制を整て自宅売却をお手伝いします。

相続不動産のご相談

相続不動産の売却は、不動産の規模・価値問わず相続人が複数人にいれば分配する事は難しく、トラブルになる可能性も極めて高くなります。

 

「相続になりそう」と予想する事は不可能ですので予め相続対策をする事をお勧めします

空家・空地の売却相談

相続した空家・空地、住み替えで放置している空家の維持・管理が負担になっていませんか?

 

遠方に所有している不動産売却をどうすればよいか分からないという方からのご相談も柔軟に対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介で選べる不動産売却プラン