任意売却後の残債務の返済について。その2

2021年06月01日

不動産に差押・仮差押された時は競売よりも任意売却で解決

今回は「任意売却後の残債務の返済について。その2」のお話です。

 

任意売却後の残債務について返済義務があることは別のページでも説明しました。

 

任意売却後の残債務の返済について

 

任意売却後の残債務の返済方法については、債権者(銀行・金融機関等)と話合いをして収入に応じて負担にならない額を返済し続けるという事は様々な任意売却のホームページに記載されています。

 

それでは不動産等の資産がある場合はどうなるのでしょうか。

 

結論から申し上げますと、差押えられる不動産等の資産があれば回収するために差押え・仮差押えをしてくる可能性はあります。というよりも、残債務の返済を放置しておけば差押え等は簡単にしてきます。

 

差押えができるだけの収入があれば給与にも差押えをしてきます。

 

これは任意売却後だけではなく競売後の残債務についても同様です。

 

競売後については勘違いを起こしてしまう人もいるようで、競売についての取下書が裁判所から届くと「不動産が処分されたから全てが終わった」と思ってしまいがちですが、競売事件については終わったが残債務・債権回収等については明記されていません。

 

債権者が全ての債権を回収すれば終わりになりますが残債務がある場合は返済方法・回収等についての話合いが行われたり通知が届くようになり話合いが纏まらなければ仮差押え・差押えをされてしまいます。

 

不動産等の資産がない場合は給与を差押えたりしますし、債権者からの通知を無視・放置すると調停・訴訟を起こされてしまったというケースもあります。

 

弁護士に自己破産を依頼していれば、例え競売でも適切な対応をして依頼者を守ってくれますがたった一人で競売・残債務の処理を行おうとすると上記のようなリスクを負う可能性があります。

 

任意売却についても経験の浅い不動産会社や営業マンに依頼すると、残債務について自分自身で対応しなければならない事になります。

 

住宅ローン・事業融資の返済問題・滞納でお困りの場合は、任意売却後のアフターフォローを約束する不動産会社・営業マンを選んだ方が良いです。

 

弊社?

 

私?

 

もちろん、アフターフォローは万全です。

 

1人で悩まずにご相談下さい。

任意売却で返済に苦しむ日々から解放され新生活スタート。埼玉県

任意売却は、住宅ローン返済問題・滞納による苦しい生活から解放される1つの方法です。ご相談者の状況により様々なケースがありますが、話し合いを繰り返しながら「生活」「家族」「仕事」を立て直すための最適な方法をご提案します。

任意売却・相続不動産・空家空地・買取・仲介のワイズエステート

不動産売却専門のワイズエステート販売株式会社

当社は、不動産売却専門として個人・法人問わずに不動産を所有している方々からのご相談を承っています。

 

住宅ローンの返済が厳しいと感じたら任意売却を検討してください。早い段階でのご相談が早期解決への近道となります。

 

不動産売却に際して、諸問題・トラブル等が起きてしまったり事前にトラブルを防ぎたいという方は各専門家のサポート体制を整えておりますのでご相談下さい。

 

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介の売却プランでサポート

不動産売却専門のワイズエステート販売株式会社は、任意売却・相続不動産・空地空家の売却・選べる不動産売却等で不動産を売却される所有者様に寄り添う売却サポートを心掛けております。

 

又、不動産を売却したいけど諸問題・トラブルがあって困っている方々からのご相談も承ります。法的措置が必要な場合は法律事務所と協力して諸問題を解決して不動産売却をサポートします。

 

不動産の仲介・買取・相続・任意売却・空地空家の売却相談 埼玉

選べる不動産売却「買取」「仲介」

不動産売却専門のワイズエステート販売は、ご相談頂く所有者様の売却理由・事情に合わせて【「仲介」による不動産売却】と【「買取」による不動産売却】をご提案致します

住宅ローン返済に困ったら任意売却

住宅ローン・事業資金・金銭トラブル等の返済問題で、金融機関等の債権者から不動産に差押・仮差押がされそう、又は既に差押・仮差押えされたという方からのご相談を任意売却やその他の方法で解決し生活再建・新生活のスタートのサポートをします。

 

失業・離婚・金銭トラブルで悩んでいる方は、今すぐにご相談下さい。

【秘密厳守】離婚による自宅売却

不動産の売却理由で多くあるのが「離婚による自宅売却」です。離婚時には様々な問題を解決していく必要があります。

 

離婚時にトラブルになって自宅を売却したくてもできない、又はトラブルになる前に未然に防ぎたい方は法律事務所とサポート体制を整て自宅売却をお手伝いします。

相続不動産のご相談

相続不動産の売却は、不動産の規模・価値問わず相続人が複数人にいれば分配する事は難しく、トラブルになる可能性も極めて高くなります。

 

「相続になりそう」と予想する事は不可能ですので予め相続対策をする事をお勧めします

相続した空家・空地、住み替えで放置している空家の維持・管理が負担になっていませんか?

 

遠方に所有している不動産売却をどうすればよいか分からないという方からのご相談も柔軟に対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

 

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介で選べる不動産売却プラン