競売の取下げと取消しの違い

2022年04月29日

不動産 競売 差押 取下げ 取消し 裁判所 任意売却 埼玉

今回は「競売の取下げと取消しの違い」のお話です。

 

住宅ローンや事業融資の返済ができずに金融機関等の債権者から不動産を差押えられ競売を申し立てられると、

 

どうにもならなくて競売で不動産を処分されるまで待つしかないのか不安になりますよね。

 

実際は、不動産競売は取り消す事ができます。

 

競売開始決定された後でも入札が開始された後でも売却代金が納付されまでは取り消す事はできます。

 

但し、売却が実施された後でも取下はできますが、最高価格買受人と自順位買受人の同意が必要となりますので、

 

現実的には期間入札の開札の前日までに取下げする事が確実に取下げすることができるでしょう。

 

※代金が納付された場合は取下げする事はできません。

 

それでは競売を取下げるには、どのような方法かを説明します。

 

先ずは、競売の取下げについては申立人(債権者)の意思が必要です。そして、裁判所に取下書を提出して競売は取下げられます。

 

このように書くと簡単に競売の取下げできるのかと思われますが簡単ではありません。

 

取下げる方法は2つです。

 

1つ目は、請求されている金額を全額一括返済する事です。

 

しかし、住宅ローンや事業融資の分割での返済が厳しくなって差押・競売を申し立てられているのに全額一括返済は現実的には非常に困難です。

 

2つ目は、任意売却での取下げです。不動産を売却してしまう事には変わりませんが競売よりも有利な条件で売却できるのが任意売却です。

 

通常であれば全額一括返済での競売取下げが条件になるのですが、任意売却は債権者と協議して抵当権を抹消する応諾額で売却が成立すれば全額一括返済でなくても競売の取下げができます。

 

任意売却は、差押・競売を申し立てられなければできないわけではないので住宅ローン・事業融資の返済が厳しいと思った時は、早めに任意売却を選択した方がよいでしょう。

 

次は、競売の取下げと間違われる競売の取り消しについて説明します。

競売の取消し?

不動産 競売 差押 取下げ 取消し 裁判所 任意売却 埼玉

競売の取下げと勘違いされがちなのが競売の取消です。無剰余取消と言います。

 

競売は、後順位抵当権者(3番抵当権者など)が債権回収を目的に裁判所に申し立てる権利があります。

 

しかし、申立人の後順位抵当権者であっても優先的に回収する権利は1番抵当権者です。

 

例えば、

 

競売で売却できる金額が3,000万円だとします。

 

優先的に回収できる1番抵当権者の債務額が3,500万円であると申立人の後順位抵当権者には1円も配当がありません。

 

このような状況を【無剰余】といって裁判所に却下されます。

 

債権回収ができないのに、競売を申し立てる事は権利の濫用となり任意売却や担保消滅請求の邪魔を防止するために競売自体が取消となります。

 

簡単に言えば、「意味の無い無駄な競売申し立てはやめなさい」という事ですね。

 

因みに、私は任意売却の依頼を受けていて競売の無剰余取消は1度だけ経験しています。

 

 

まとめ

不動産 競売 差押 取下げ 取消し 裁判所 任意売却 埼玉

このように、競売の取下げと取消しは全く違うものです。

 

競売を取り下げるには、任意売却での取下げが現実的ですので早めに依頼をしましょう。

不動産 競売 差押 取下げ 取消し 裁判所 任意売却 埼玉

不動産売却専門のワイズエステート販売株式会社

当社は、不動産売却専門として個人・法人問わずに不動産を所有している方々からのご相談を承っています。

 

相続した空家になった不動産や空地の維持管理が負担になっている方はご相談下さい。

 

急いで売却したい場合は「買取」による不動産売却

 

ゆっくり可能な限り高く売却したい方は「仲介」による不動産売却

 

所有者様のご希望・状況にあった売却方法をご提案致します。

 

不動産 仲介 買取 相続 任意売却 空地 空家 売却 埼玉県

不動産売却専門のワイズエステート販売株式会社は、任意売却・相続不動産・空地空家の売却・選べる不動産売却等で不動産を売却される所有者様に寄り添う売却サポートを心掛けております。

 

又、不動産を売却したいけど諸問題・トラブルがあって困っている方々からのご相談も承ります。法的措置が必要な場合は法律事務所と協力して諸問題を解決して不動産売却をサポートします。

不動産 仲介 買取 相続 任意売却 空地 空家 売却 埼玉県

選べる不動産売却「買取」「仲介」

不動産売却専門のワイズエステート販売は、ご相談頂く所有者様の売却理由・事情に合わせて【「仲介」による不動産売却】と【「買取」による不動産売却】をご提案致します

住宅ローン返済に困ったら任意売却

倒産 廃業 休業 コロナ 事業融資 滞納 自宅 仮差押 埼玉

住宅ローン・事業資金・金銭トラブル等の返済問題で、金融機関等の債権者から不動産に差押・仮差押がされそう、又は既に差押・仮差押えされたという方からのご相談を任意売却やその他の方法で解決し生活再建・新生活のスタートのサポートをします。

 

失業・離婚・金銭トラブルで悩んでいる方は、今すぐにご相談下さい。

【秘密厳守】離婚による自宅売却

不動産の売却理由で多くあるのが「離婚による自宅売却」です。離婚時には様々な問題を解決していく必要があります。

 

離婚時にトラブルになって自宅を売却したくてもできない、又はトラブルになる前に未然に防ぎたい方は法律事務所とサポート体制を整て自宅売却をお手伝いします。

相続不動産のご相談

相続不動産の売却は、不動産の規模・価値問わず相続人が複数人にいれば分配する事は難しく、トラブルになる可能性も極めて高くなります。

 

「相続になりそう」と予想する事は不可能ですので予め相続対策をする事をお勧めします

空家・空地の売却相談

相続した空家・空地、住み替えで放置している空家の維持・管理が負担になっていませんか?

 

遠方に所有している不動産売却をどうすればよいか分からないという方からのご相談も柔軟に対応しておりますので、お気軽にご相談下さい

住宅ローン返済相談センター

住宅ローン・事業性ローンの返済にお困りの方は1人で諦めずに今すぐご相談下さい。

不動産 土地 戸建 マンション売却 買取 仲介 査定 埼玉県