「仲介」による不動産売却

【不動産売却専門会社】「仲介」による不動産売却・埼玉県

「仲介」による不動産売却

不動産仲介とは不動産の売却を不動産仲介会社に依頼して買主を探して不動産を売却する方法です。

 

不動産売却を依頼された不動産会社は媒介契約を締結して紙媒体・インターネット等で広告活動をして買主様との交渉や売買契約締結・お引渡し等の全ての取引を進めます。

 

不動産「買取」と比較すると高い金額で売却できる可能性が高いため多くの方に選ばれている売却方法です。

 

 

不動産売却相談

【不動産売却専門会社】「仲介」による不動産売却相談・埼玉県

不動産の売却は購入する時よりエネルギーが必要と言われます。そして、所有者の方は大切な資産を売却する事は理由は問わず失敗はしたくないはずです。

 

不動産を売却する時は様々な事情があると思います。

 

・相続した不動産を売却したい

 

・離婚をするから自宅を売却したい

 

・住み替えをしたいから自宅を売却したい

 

・その他

 

不動産売却を検討する時は、先ずは「なぜ不動産を売却するのか」を伝えて下さい。そして、「不動産がどれくらいの価格で売却できるか」「住宅ローンの残っている不動産は売却できるのか」その他のご希望・疑問をご相談下さい

 

高く売却する事も大切ですが、不動産の売却する事情によって売却の方法や計画の立て方も変わってきます。

 

当社は、不動産を売却する事情や不動産の状況を踏まえて不動産売却の方法・計画をご提案致します。

 

不動産調査

「仲介」による不動産売却・査定・役所調査・現地調査・埼玉県

不動産にとっても売主様の保護の観点からも重要な業務です。物件・権利等について間違った認識で売却活動を進めると大きなトラブルが発生します。

 

【売主様からのヒアリング】

 

・住宅ローンの残高の有無、返済状況

 

・税金の納税状況、マンションの管理費 修繕積立金の滞納の有無

 

・相続人の確認

 

・付帯設備表及び物件状況報告書に基づく確認事項

 

物件の現状は、所有している売主様だけにしか分からない事が多くありますので、可能な限りご協力下さい。

 

【現地調査】

 

現地調査は、売却する物件種別で確認する部分が変わります。

 

マンションでは、室内では陽当り・眺望・使用状況等を確認して、外部は管理状況・セキュリティー・その他の状況を確認します。マンション全体では、管理会社・管理規約・管理費修繕積立金の状況等を確認します。

 

戸建・土地に関しては、室内では陽当り・眺望・使用状況等の確認や越境物・境界杭・騒音・臭気等の有無を確認します。

 

現地調査の詳細はこちら→

 

【役所調査】

 

不動産の所在地の役所で、法令上の制限・都市計画・インフラ施設等を調査し資料を入手します。又、宅建業法改正に伴い調査対象の不動産の地域のハザードマップを確認して水害の有無を確認するのも役所調査の業務の一部です。

 

【登記事項等の調査】

 

法務局で登記簿謄本・構図・地積測量図を取得して不動産の権利関係・地目・構造・建築時期・隣地接道の状況等を確認します。

任意売却・相続不動産・空家空地・買取・仲介のワイズエステート

不動産査定/媒介価格の決定

不動産売却専門・査定・売却価格・媒介価格

当社の不動産査定は、基本的に訪問させて頂いて改めて査定価格をご提案する訪問査定を実施しています。

 

訪問査定ではなく近隣の取引事例を基に査定価格を算出する机上査定とは違って、より成約価格に近い査定価格を提案できる事が訪問査定をお勧めしている理由です。

 

近年、多く利用されている不動産査定サイトは机上査定が多数のようですが、不動産の条件が良い事を前提とした査定価格なので注意が必要です。

 

査定価格と成約価格の違いは?→

 

【媒介価格の決定】

 

不動産の査定価格は媒介契約を締結する際の価格とは違います。査定価格は、不動産会社が提案した売却予想価格であってご所有者様又は債権者等の関係者が希望される価格とは違います。

弊社は、ご提案させて頂く査定価格を基にご所有者様のご希望・ご事情等を考慮し話合いをしてご納得頂いて媒介契約を決定させて頂きます。

 

 

 

媒介契約締結

不動産媒介契約・一般・専任・専属専任を選択して売却活動

 

不動産会社に売却を依頼する場合は媒介契約を締結しなければなりません。

 

媒介契約は、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類があり、それぞれ契約内容が違います。

 

【一般媒介契約】

 

複数の不動産会社に売却依頼ができる契約形態です。

 

複数の会社が買手を探すのがメリットですが、不動産会社はレインズ登録義務がない事や状況報告をする必要がない事や不動産会社としては成約になる確率が低いので物件の優先順位としては低くなります。

 

【専任媒介契約】

 

専任媒介契約は、売却を依頼して媒介契約を締結できるのは1社の不動産会社と決められています。又、依頼者が購入者を見つけた場合は不動産業者を通さずに契約する事ができます。

 

依頼する不動産会社は1社と決められているので媒介契約締結後の7日以内にレインズ登録をして情報公開をしなければなりません。販売状況の報告も2週間に1度の報告義務があるので依頼者として不動産の売却状況が把握できます。

 

不動産会社としては1社が窓口となって販売活動を行うので責任を持って優先的に対応します。

 

【専属専任媒介契約】

 

専属専任媒介契約は、専任媒介契約と同様に依頼する不動産会社は1社と決められています。専任媒介契約と異なるのは依頼者が買手を見つけても依頼した不動産会社を通さなければ売買契約は締結できません。

 

レインズ登録に関しては5日以内と決められて、販売状況報告は1週間に1回となっています。

 

不動産会社としては1社が窓口となって販売活動を行うので責任を持って優先的に対応します。

 

3つの契約形態には、それぞれにメリット・デメリットがあります。又、不動産の状況・価格帯・事情等でどの契約形態を選択するかで結果が変わる可能性もあります。当社では、ご相談者様との面談でご要望を伺って契約形態をご提案致します

 

 

売却活動

「仲介」による不動産売却は広告宣伝・売却活動が必要・埼玉県

媒介契約を締結したら不動産の売却活動を開始します。

 

仲介による不動産売却は可能な限り多くの購入希望者に物件情報を提供する事が早期売却への近道です。両手仲介はにこだわらずに多くの不動産会社に情報を公開していくのと同時に自社の広告活動を積極的に行います。

 

売主様のご了承を頂いた場合に限りますが、物件の近隣の方に訪問さて頂き物件情報を提供させて頂く場合もございます。

 

【インターネット・チラシで積極的な広告活動】

 

近年、インターネットでの集客活動が主流になっていますが新聞折込・ポスティング等の紙媒体で情報を取得している年齢層にも売却物件情報が知れ渡るようにポータルサイトと紙媒体を活用して積極的に広告活動を行います。

 

【提携不動産会社と連携での広告活動】

 

多くの購入希望者の情報取得・集客活動を行っている提携不動産会社に広告掲載を依頼して早期の売却を目指します。

 

【オープンハウスの開催】

 

売却される物件がマンション・戸建の場合は、オープンハウスを行います。

 

 

 

売買契約・重要事項説明・残金決済

まとめ

「仲介」による不動産売却の説明ページのまとめです。

仲介による不動産売却は売主様と不動産会社との信頼関係が重要です。

 

不動産売却を依頼された不動産会社は、売主様の信頼と期待に応えられるように積極的に売却活動を行わなければなりません。

 

他のページで売買契約・重要事項説明・残金決済の説明をさせて頂きますのでご確認ください。

 

【売買契約・重要事項説明・残金決済】はこちらをご覧ください

任意売却・相続不動産・空家空地・買取・仲介のワイズエステート

「仲介」不動産売却の流れ

売却する期間にも余裕があるかたは「仲介」による不動産売却をお勧めします。

 

「仲介」による不動産売却の流れの説明をしているページですのでご確認下さい。

不動産売却ブログ

不動産売却・買取・仲介の役立つ豆知識・情報をブログで発信

不動産の売却について情報発信しています

不動産売却のご相談は埼玉県さいたま市ワイズエステート販売