売買契約/重要事項説明/残金決済引渡し

不動産売却の売買契約・重要事項説明・残金決済の説明ページ

売買契約/重要事項説明/残金決済引渡し

不動産の購入が決まったら売主様と買主様との間で売買契約を締結します。売買契約締結前に、主に物件調査を基に作成した重要事項説明書を買主様に説明しなければなりません。

 

不動産を購入する時に重要な内容ですので事前に把握しておく事をお勧めします。

重要事項説明とは

土地・戸建・マンションの重要事項説明・売買契約・引渡しの説明

重要事項説明とは、宅地建物の取引において宅地建物取引業者が取引当時者に物件の詳細・契約上重要な事項を説明する事です。説明時に使用する書面が重要事項説明書で内容を確認して説明を終えたら売主・買主共に署名捺印をして保有します。

 

重要事項の説明が必要とされるのは、宅地建物取引業者が売主となる場合と代理・媒介で売買契約・賃貸契約をする時に契約締結する前に説明する事が義務付けられています。

 

説明する事ができるのは宅地建物取引士ではならなく無資格の不動産営業マンでは重要事項説明は行えません。資格の有無はが確認できるのは説明前に資格証の提示義務がありますので、提示されない時には提示を求めてみましょう。

 

それでは重要事項説明書の記載・説明内容を解説します。

 

【取引対象の物件内容】

 

●登記事項証明書の記載事項・・・現所有者・土地建物の面積等・所有権以外の権利の有無

 

●法令上の制限・・・役所で調査をした都市計画・建築基準法等の概要

 

●ライフラインの整備状況・・・上下水道・ガス・電気の整備状況

 

●区分所有・・・管理費・修繕積立金・専用庭等の費用、管理会社や管理組合を記載

 

【契約に関する事項】

 

●売買契約額・手付金・その他金銭に関する事項・・・売買価格や手付金の授受、固定資産税/都市計画税の清算金の起算日等を記載

 

●契約解除・損害賠償額・・・手付解除・違約解除・損害賠償額等の記載

 

●金銭の斡旋・・・住宅ローンの斡旋がある場合は金融機関・条件・金利等を記載

 

●手付金の保全措置、その他の事項

 

上記が主な重要事項説明の記載・説明内容です。この他に取引される物件によって契約の特約条項が記載されます。

 

任意売却・相続不動産・空家空地・買取・仲介のワイズエステート

売買契約

不動産売却時の売買契約時の説明ページ・不動産売却専門に相談

売買契約に関しては、当事者間においての口約束でも成立します。しかし、不動産取引は高額な資産を取り扱いますので売買契約は書面と取り交わすことが理想であり現実的です。

 

【売買契約書の記載内容】

 

●売買対象不動産の表示

 

●売買代金手付金の額・支払いの方法や時期

 

●所有権の移転時期、抵当権抹消条件

 

●公租公課の清算方法・起算日

 

●ローン特約

 

●手付解約・契約違反による解約金額・解約時期

 

●その他、特約内容確認

 

【契約時に必要な物】

 

●印鑑・手付金・印紙代・運転免許証・健康保険証

 

売買契約が成立すると売主様・買主様共に権利と義務が生じます。お互いに決められた期日に契約内容を成就しなければ高額な違約金が発生する可能性があります。売買契約締結時に理解ができないような事があれば遠慮なくご質問下さい。

 

残金決済引渡し

不動産引き渡し時の必要書類・登記識別情報・権利書・実印

売買契約締結をしたら残代金の支払いと物件の引渡しがあります。

 

契約日から引き渡しまでは、契約内容にもよりますが1ヶ月から6ヶ月の期間を要します。

 

売主様が引渡日までに準備をして物件を引き渡せる状態にしなければなりません。

 

●不動産に抵当権設定がある場合には金融機関等の債権者に解除条件・金額等を確認しておかなければなりません

 

●売却する不動産に変更すべき登記がある場合は変更の登記をします

 

●契約時に居住中の場合は、引越しをして残置物を処分します。

 

●登記識別情報(権利証)等の書類の確認

 

【不動産の残債決済・所有権移転登記】

 

残金決済引渡日には、司法書士が本人確認をして必要書類の説明・署名捺印をしたら残代金の支払いを実行して当日中に法務局にて所有権移転申請登記を行い終了となります。

 

●司法書士が登記関係書類確認と本人確認

 

●残代金の授受

 

●固定資産税・都市計画税・管理費修繕積立金等の清算金の支払い

 

●鍵の引渡し

 

●売主様から買主様に不動産を引渡して終了

 

 

まとめ

不動産売却時の契約・重要事項説明・引渡しの説明ページのまとめ

こちらのページでは重要事項説明・売買契約・残金決済引渡しの解説しました。

 

不動産の状況や売主様・買主様の事情等で多少の変更はありますが、基本的な不動産の取引の流れになります。

 

不動産は高額な取引となり売買契約後に「知らなかった」「聞いていない」と言っても契約書に署名捺印をした後では後戻りができません。トラブルを防ぐためにご不明な点がありましたら何度でも確認をして下さい。

不動産売却ブログ

不動産売却・買取・仲介の役立つ豆知識・情報をブログで発信

不動産の売却について情報発信しています

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介で選べる不動産売却プラン
不動産売却のご相談は埼玉県さいたま市ワイズエステート販売