投資不動産を任意売却で処分し自宅を守る

2020年12月30日

失業・転職・離婚で住宅ローンが払えない時は任意売却で解決

ご相談者 さいたま市 K様 50代 会社員

 

【ご相談内容】

 

K様は、20年程前に購入した分譲マンションを離婚を機に収益物件として貸し出しました。

 

当初は売却しようと思いましたが、住宅ローンの残債額よりも査定価格が低かったので断念して賃貸会社に相談して賃貸物件として所有し続けました。

 

ご自身は暫く賃貸アパートに住んでいましたが住宅ローンを新規で組んで新築マンションを購入しました。

 

K様の月々の収支状況

 

収益物件 家賃収入月々8万5千円   毎月4万3千円の赤字

※住宅ローン返済中で月々約10万円 管理費・修繕積立金2万8千円

 

新築マンション 月々9万2千円 ボーナス払い無し

 

K様は、独身になった事で浪費癖に拍車がかかり消費者金融各社にも計800万円もの借入れがありました。

 

月々の給料の手取額は約28~30万円 支出は33万円

 

【お問合せから解決計画】

 

K様からは、当センターのチラシを見てお問合せを頂きました。

 

お問合せを頂く1週間前にインターネットで検索した法律事務所に相談に行ったK様は

 

「自己破産しか解決方法はありません」

 

「今ならカードで借入れ出来るかもしれないから着手金を借入してきて下さい」

 

という法律事務所の事務員から言葉で弁護士に相談する事もできずにたった15分の相談で自己破産になるのかと諦めかけました。

 

法律事務所の相談から数日後に当社のチラシを見て勇気を出してお電話頂きました。

 

K様のご相談内容は、

 

「住宅ローンの残債務があるマンションが売却できるか」

 

「自己破産は避けたい」

 

でした。

 

当初は、K様も自己破産しか方法はないと諦めかけていましたし当社のスタッフも任意売却後の自己破産もやむを得ないと思っていました。


【解決までの流れ】

 

先ずは、収益物件として毎月4万3千円の赤字になっているマンションの任意売却の準備を開始しました。債権者との交渉・協議も順調に進みましたが、消費者金融からの借入の返済に関して当センターでは対応できないので法律事務所に相談をしました。

 

担当弁護士の先生との面談時、K様は

「自己破産しかないんですか?」の質問がありました。

 

担当弁護士の先生は

「何でも簡単に自己破産で片付けるのは良くない考えです。個人再生の住宅ローン特則を利用しましょう。既存の借入額を圧縮して返済し続けなければならないけど自宅は売却しないでも済むかもしれません。数年間は返済しなければならないけど頑張れますか?」

 

面談後、K様の表情は明らかに変化していました。

 

当社は、赤字になっていた収益マンションを任意売却で処分、K様は担当弁護士の先生の協力を得て個人再生の手続きをして住んでいるマンションを守ることができて解決しました。

 

K様からは

「最初に相談した法律事務所からは、たったの15分で自己破産しかないって言われたんだよ。あの時、諦めないで相談して良かった」とのお言葉を頂きました。

 

近年、インターネットの普及で「住宅ローン返済問題=任意売却」「多重債務=自己破産」という情報が氾濫しています。この情報は間違っていませんが正解でもありません。

 

当社は可能な限りご相談者様の要望を叶えるために知識と経験で解決方法を探します。そして、どうしても駄目だという時に任意売却という手段を提案致します。

 

ワイズエステート販売では、ご相談者と共に解決の可能性を経験と知識を生かして探します。

任意売却・相続不動産・空家空地・買取・仲介のワイズエステート

不動産売却ならワイズエステート販売株式会社

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介の売却プランでサポート
不動産の仲介・買取・相続・任意売却・空地空家の売却相談 埼玉

住宅ローン返済に困ったら任意売却

相続不動産のご相談

空家・空地の売却相談

任意売却・相続・空地空家・買取・仲介で選べる不動産売却プラン