任意売却と競売の違い

任意売却 競売 違い ワイズエステート販売 埼玉県

任意売却と競売の違いは?

住宅ローン・事業性ローンが返済不能になって滞納状態が続くと金融機関は裁判所に競売の申し立てをして担保不動産を強制的に売却されてしまいます。そして、売却代金は金融機関等の債権者に配分されます。

 

任意売却は、住宅ローンを借り入れしている金融機関や差押えをした債権者と協議をして条件・売却価格等を決めて自らの意思で売却する事です。

 

 

任意売却

任意売却 住宅ローン 滞納 払えない 相談 埼玉県

任意売却は、住宅ローンの残債額が想定される売却価格が上回る(オーバーローン状態)時に金融機関等の債権者と協議・交渉をして残債額よりも低い価格で売却する方法です。

 

金融機関も本来は競売での強制売却を望んでいる訳ではなく多く回収できる可能性がある任意売却を債務者が選択した方がメリットがあると考えています。

 

しかし、債務者(所有者)に任意売却の意思が確認できなかったり自己破産・法人破産等をするにあたって止むを得ない時に競売を選択するのであって、本来であれば任意売却する方が債権者(金融機関等)や債務者(所有者)にとってメリットの方が多くあるのは事実です。

競売とは

任意売却 競売 メリット デメリット 埼玉県

住宅ローンの返済で苦しんでいませんか?

住宅ローンの返済で苦しんでいませんか?

 

◆転職・リストラ・病気等で収入が減ってしまった

 

◆住宅ローンが払えなくなりそう

 

◆住宅ローンを数か月滞納している

 

◆銀行・保証会社から電話・通知が届いた

 

◆裁判所から競売開始決定通知が届いた

 

住宅ローン返済問題について銀行・家族・友人にも相談できずに悩んでいる方は多くいます。

 

インターネットが普及した現在では【任意売却】と検索すれば多くの不動産会社が専門と謳っています。しかし、実際に相談をしてみると任意売却サイトに加盟しているだけの不動産会社も多数存在します。

 

任意売却は引き渡したら終わりという訳にはいかない事が多く残債務の返済についてもサポートが必要となるケースが多くあります。

 

ご相談は完全に無料ですので1人で悩まずに住宅ローン返済に悩む日々を終わらせる方法を考えていきましょう。

 

 

埼玉県 任意売却専門会社 ワイズエステート販売株式会社

競売とは

競売は、返済不能になった債務者の資産(不動産)を債権者が回収を目的に民事執行法に基づき裁判所に競売を申し立てをして強制的に売却をして資産(不動産)を換金化して債権を回収する方法です。

 

 

強制競売

債権者が回収不能になった債権を公正証書・判決等の債務名義に基づき債務者(保証人も含む)が所有する不動産に対して裁判所に強制競売を申立てをして換金化して債権回収する事です。

 

【令和〇年 事件番号(ヌ)第〇〇号】として裁判所に管理され諸手続きが進強制的に不動産が売却されます。

担保不動産競売

債権者が、抵当権(根抵当権)を設定された不動産の債権回収が不能になった時に抵当権(根抵当権)を実行して裁判所に競売を申立てをして不動産を強制的に売却して換金化して債権を回収する方法です。

 

【令和〇年 事件番号(ケ)第〇〇号】として裁判所に管理され諸手続きが進強制的に不動産が売却されます。

まとめ

任意売却 競売 違い ワイズエステート販売 埼玉県

任意売却は、住宅ローン・事業性ローンの返済が不可能になった時に所有者(債務者)が自ら不動産を売却して返済をする事です。このような行動は困難な状態でも物事を前向きに捉えて自分自身で可能な限り債務者としての責任を負うという事から売却後の債権者の対応も柔軟になるケースが多くあると言われています。

 

融資を受けた金額全額を返済できなくても可能な限り返済すべき対応をすれば債権者も強硬な手段を選択しませんが、債権者として最終手段と考えている競売での債権回収を選択せざるを得ないとなると競売での売却後の対応を任意売却時と違うものと考えた方がよいでしょう。

任意売却ブログ

不動産 差押 仮差押 競売 任意売却 解決 ワイズエステート

住宅ローンが払えない時の対応・対処についての情報を発信します。

新生活のスタートです

住宅ローン滞納 任意売却 競売 差押 ワイズエステート販売

任意売却は、住宅ローン返済により苦しい生活から解放される1つの方法です。ご相談者の状況により様々なケースがありますが、話し合いを繰り返しながら「生活」「家族」「仕事」を立て直すための最適な方法をご提案します。

 

苦しい時は1人で悩まずにご相談下さい

不動産 売却 買取 任意売却 相続 空き家 空地 さいたま市